米Affymax社と武田薬品工業は、2011年12月8日、米食品医薬品局(FDA)の抗腫瘍薬諮問委員会が腎性貧血治療薬の酢酸ペギネサチドについて販売承認を推奨したと発表した。米国承認に一歩近づいたことは事実であるが、その一方で承認取得となれば、両社に2500万ドルの支払いが発生することになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)