東京海洋大学大学院の矢澤一良特任教授が会長を務める健康・長寿研究談話会(旧ホスファチジルセリン研究会)の第10回ホスファチジルセリン研究会が2011年12月2日、東京海洋大学(品川)楽水会館鈴木善幸ホールで開催され、約50人が参加した。この研究会の要旨を含む「ホスファチジルセリン研究会会報Vol.9,No.1,Dec.2011」は約190ページ構成で、「第10回ホスファチジルセリン研究会に向けての特別寄稿」に18人の寄稿が掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)