米エネルギー省(DOE)傘下のJoint BioEnergy Institute(JBEI)は2011年11月29日、スイッチグラス・バイオマスを糖類に分解することができ、ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料の3種の輸送用燃料すべてを糖類から生成することができる組み換え大腸菌を作るのに成功したと発表した。この大腸菌の特長は、酵素を添加することなしにこれら反応を行うことができることにある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)