人間の心身が薬剤やカフェイン、アルコールなどの依存症になることがあるのと同様に、がんも継続的な成長と優勢性を確実にする特定の遺伝子に依存性を示すことがある。米Baylor College of Medicineと米Harvard Medical Schoolの研究チームは2011年12月8日、このがんの依存性を利用することで正常組織を傷つけることなくがん細胞を殺す方法を開発したと発表した。研究の詳細は同日のScience誌電子版で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)