英University College Londonの研究グループが、新規の遺伝子マッピング技術を使って、炎症性腸疾患であるクローン病に関連する3つの遺伝子を発見した。今回の発見は、個の医療を実現する道を切り開き、複雑な疾患がいかに遺伝するかについてより良い理解を導く可能性がある。この研究成果は、2011年12月8日付のAmerican Journal of Human Genetics誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)