中央社会保険医療協議会・薬価専門部会で議論している2012年度薬価制度改革の全体像が見えてきた。業界が強く要望していた新薬創出加算は「試行」として継続が決定した。一方、輸液、血液製剤など「保険医療上必要性の高い医薬品」の薬価維持制度は「審議未了」で結論を先送りし、継続検討課題になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)