第3次補正予算では、「医療福祉機器・創薬産業拠点整備事業費補助金」に394億円余りが認められた。この施策では、原発事故で経済に深刻なダメージを受けている福島県に医療機器と創薬の開発拠点を築くことを目指している。目玉のプロジェクトとなりそうなのが、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の開発である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)