内閣府の最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム)「次世代質量分析システム開発と創薬・診断への貢献」で、質量分析装置(MS)の研究をしている島津製作所の研究チームは、2011年11月に新型抗体の開発に成功したことを発表した(関連記事)。MSと抗体をつなぐ事情とは。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)