大阪府、中小企業基盤整備機構、大阪府の製薬企業や医療機器メーカーなどが出資する大阪バイオファンドは、イミュノフロンティア(東京・中央、谷口公嗣社長)に6300万円を出資したと2011年12月7日に発表した。同社のがんワクチン「CHP-NY-ESO-1」の開発に投資する。同ワクチンについては、大阪大学を中心に臨床試験フェーズIが進行中だ(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)