キアゲンは、研究用機器試薬や体外診断用医薬品(IVD)メーカーであるドイツQIAGEN社(持ち株会社はオランダ)の日本法人。QIAGEN社の2010年の売上高は10億8700万ドルで、そのうち47%が分子診断、26%がアカデミア、21%がファーマ、6%がアプライドテスティングとなっている。日本では1998年から研究用試薬の販売を行ってきたが、2010年2月にヒトパピローマウイルス(HPV)DNA、クラミジアDNA、淋菌DNA検出用のIVDを発売し、診断薬市場に参入した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)