米XenoPort社は2011年12月5日、運動症状の変動がある進行性パーキンソン病患者を対象に「XP21279」とカルビドパの配合錠を「シネメット」(即効型レボドパ/カルビドパ錠剤)と比較したフェーズII試験のトップライン結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)