訴訟の国アメリカとはいえ、提携先企業に対して訴訟を起こすのは珍しい。しかし、2011年5月、米Amylin Pharmaceuticals社は長年のパートナーであった米Eli Lilly社を訴えた。両社は02年に、2型糖尿病に対する皮下注射剤である「Byetta」の開発と販売に関して提携。Byettaは05年に米国で無事承認され、さらにその週1回投与バージョンである「Bydureon」も審査中だ。この提携がAmylin社の発展に大きく寄与したことは明らかだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)