理化学研究所脳科学総合研究センター(BSI)は、神経細胞と共に脳を構成しているグリア細胞の一種であるアストロサイトが、神経細胞間の接点であるシナプスでの情報伝達効率を調節し、記憶や学習に影響を及ぼす「シナプス可塑性」に関与することを、生きたままのマウスで発見しました。理研BSI神経グリア回路研究チームの高田則雄研究員、三嶋恒子研究員、平瀬肇チームリーダー、発生神経生物研究チームの御子柴克彦チームリーダーらの成果。研究グループによる成果。米Journal of Neuroscience誌2011年12月7日号に掲載される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)