厚生労働省は2011年12月2日、「新たな難治性疾患対策の在り方検討チーム」(座長は辻泰弘・厚労副大臣)の第5回会合を開催した。厚生科学審議会疾病対策部会の難病対策委員会が12月1日にまとめた難病対策の検討に向けた「中間的整理」が報告され、検討チームでは全省的に難病助成の見直しに取り組むとの意見をまとめた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)