2011年11月30日、100億ドル超を売り上げた「リピトール」(アトルバスタチンカルシウム水和物)の米国特許が失効した。今回は、リピトールの売り上げ減少をカバーするパイプラインについて見てみたい。抗がん剤、抗凝固薬、ワクチン、抗リウマチ薬の候補に注目したい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)