富士ソフトは、形成外科手術で鼻に移植するためのインプラント型再生軟骨を、製品として安定的に供給する際に不可欠な保存技術を開発した。2011年12月2日に発表した。科学技術振興機構(JST)の独創的シーズ展開事業・委託開発の「先天性顔面疾患に用いるインプラント型再生軟骨」で2007年から実施している実用化開発の一環。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)