米Whitehead Instituteの研究チームは2011年12月1日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製するために成人細胞をリプログラミングする過程で用いる因子の濃度の微妙な違いが、最終的に得られるiPS細胞の質に大きな影響を与える可能性があると発表した。 論文はCell Stem Cell誌12月2日号で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)