米Infinity Pharmaceuticals社は2011年11月29日、米Mundipharma International社から薬剤候補「IPI-145」とその他の早期探索プログラムの開発資金として2013年に5000万ドル以上の供与を受けると発表した。IPI-145はInfinity社が開発した経口低分子薬で、ホスホイノシチド3-キナーゼ(PI3K)δとγの強力な阻害作用を持つ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)