医学生物学研究所は2011年11月29日、2012年3月期の中間決算の説明会を開催した。佐々木淳社長の新体制でのこの中間期は増収増益となった。同社の林通宏常務取締役(写真)は、ベンチャーファンドの継続の質問に対して、「ベンチャー企業に対する投資がされにくい環境にある中、3号ファンドを立ち上げたい。佐々木新体制においてもベンチャー投資を継続する方針である」と述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)