2007年に日経バイオテクが初めて次世代シーケンサーセミナーを開催してから4年が経過した。米国では、高速シーケンサーを用いた患者のゲノム解析を保険会社が許可する例が出た。日本でも、患者のゲノム解析の一般化が予想より早く始まっている。これに伴い、研究者が抱える悩みも変化してきた。2011年11月30日に開催された「2011次世代シーケンサーセミナー」で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)