名古屋大学発ベンチャーのヘルスケアシステムズ(名古屋市、瀧本陽介代表取締役)は、食用キノコの「コプリーノ」Coprinus comatusが、皮膚の光老化を抑制する作用を発揮することを見いだした。台湾で開催中の第5回国際フードファクター学会(ICoFF)で2011年11月22日に成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)