リンチ症候群関連DNA修復酵素MutLの機能制御で理研が新発見、SPring-8のX線小角散乱も活用

(2011.11.22 14:00)1pt
河田孝雄

 理化学研究所放射光科学総合研究センター(RIKEN SPring-8 Center;RSC)は、DNA塩基のミスマッチ複製を修復する機構で中心的な役割の酵素MutLについて、損傷DNAの切断機能の制御機構で重要な箇所を発見した。理研RSC放射光システム生物学研究グループの飯野均特別研究員と同グループディレクター(GD)を務める倉光成紀大阪大学大学院理学研究科教授らが、米The Journal of Biological Chemistry誌の2011年12月9日号で発表する。オンライン版では12月2日(日本時間12月3日)付で掲載される。ミスマッチ修復系の機能不全が原因の疾患として、最も頻度が高い遺伝性がんの1つであるリンチ症候群(LS)が知られている。今回の成果を基にミスマッチ修復系の仕組みをさらに解明すれば、リンチ症候群の新しい予防法や治療法の開発につながりそうだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧