リンチ症候群関連DNA修復酵素MutLの機能制御で理研が新発見、SPring-8のX線小角散乱も活用

(2011.11.22 14:00)1pt
河田孝雄

 理化学研究所放射光科学総合研究センター(RIKEN SPring-8 Center;RSC)は、DNA塩基のミスマッチ複製を修復する機構で中心的な役割の酵素MutLについて、損傷DNAの切断機能の制御機構で重要な箇所を発見した。理研RSC放射光システム生物学研究グループの飯野均特別研究員と同グループディレクター(GD)を務める倉光成紀大阪大学大学院理学研究科教授らが、米The Journal of Biological Chemistry誌の2011年12月9日号で発表する。オンライン版では12月2日(日本時間12月3日)付で掲載される。ミスマッチ修復系の機能不全が原因の疾患として、最も頻度が高い遺伝性がんの1つであるリンチ症候群(LS)が知られている。今回の成果を基にミスマッチ修復系の仕組みをさらに解明すれば、リンチ症候群の新しい予防法や治療法の開発につながりそうだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧