国際航空運送協会(IATA:International Air Transport Association)は2011年11月15日、バイオ燃料は航空産業の優先事項であるとした上で、航空業界や空輸燃料供給バリューチェーンのステークホルダーに対して3つの重要な分野、すなわちバイオ燃料の安全性、環境問題、そして商業化について連携して推進することを提唱した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)