米Boeing社は2011年11月10日、米Hawai'i BioEnergy社と航空機用燃料として地域で生産される持続可能なエネルギー資源を共同で開発するためMOUを締結したと発表した。この発表は、ハワイで開催されたアジア太平洋経済会議(APEC)のCEOサミットの前夜に行われ、ハワイで持続可能ジェット燃料を生産するため、両社は協力してバイオ燃料ソースや支援技術を検討してゆくことをうたっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)