キリンホールディングスは、紅茶特有の成分で赤茶褐色色素のテアルビジンを含む高重合紅茶ポリフェノールが脂肪の体内蓄積を抑え、食事誘発性の肥満を抑制する作用を発揮することを高脂肪食負荷マウス実験系で見いだした。2011年11月10日に東京大学弥生講堂で開催された第5回日本ポリフェノール学会年次大会の一般演題で同社健康・機能性食品事業推進プロジェクトの矢島宏昭氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)