米POET社は2011年11月10日、米アイオワ州Emmetsburg周辺の農家が2011年の刈り取りの一環として、乾燥重量でおよそ6万1000tのトウモロコシ廃棄物の梱包を完了したと発表した。梱包されたトウモロコシ穂軸やソフト葉茎は、2013年に完成予定のセルロースエタノール生産用の商業スケールバイオリファイナリーが建設されているEmmetsburgにあるバイオマス集積場に運搬されることになっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)