スイスZurich工科大学を中心とする研究チームは2011年11月6日、特定遺伝子のスイッチのオン・オフを正確にコントロールできる「フィードバック・ループ」をコンピューターと酵母との間に確立した、と最新号のNature Biotechnology誌オンライン版に発表した。論文のタイトルは「In silico feedback for in vivo regulation of a gene expression circuit」。コンピューターによってコントロールされたフラッシュライトによって遺伝子発現を開始したり停止したりでき、コンピューターは「学習」して、ある設定値に達すればそれを維持することができるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)