Zurich工科大学、遺伝子発現をコンピューターでコントロールするサイボーグ酵母を開発

(2011.11.15 08:56)1pt
小倉紅葉

 スイスZurich工科大学を中心とする研究チームは2011年11月6日、特定遺伝子のスイッチのオン・オフを正確にコントロールできる「フィードバック・ループ」をコンピューターと酵母との間に確立した、と最新号のNature Biotechnology誌オンライン版に発表した。論文のタイトルは「In silico feedback for in vivo regulation of a gene expression circuit」。コンピューターによってコントロールされたフラッシュライトによって遺伝子発現を開始したり停止したりでき、コンピューターは「学習」して、ある設定値に達すればそれを維持することができるという。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧