松谷化学工業(兵庫県伊丹市、松谷晴世社長)は、食後血糖値の上昇を抑える健康機能が見いだされているD-プシコースなど希少糖の成果を、2011年11月9日から12日に高松市で開催された国際希少糖学会第5回シンポジウムで発表した。D-プシコースについては、血糖値対策の特定保健用食品(トクホ)の表示許可を2010年3月に消費者庁に申請しており、2012年度に製造工場の着工を予定している。工場の名称は「番の州工場」。2011年10月に工場用地を取得した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)