大塚製薬は2011年11月11日、デンマークLundbeck社との間で、中枢神経領域におけるグローバル・アライアンス契約を締結したと発表した。大塚製薬は、アリピプラゾール持効性注射薬(月1回製剤)と、「OPC-34712」の共同開発・商業化に向け、Lundbedk社から最大18億米ドルの支払いを受ける。また、Lundbeck社が現在研究開発を進めている最大3つの新規化合物と、「アリピプラゾール持効性注射剤」と「OPC-34712」を合わせた最大5つの化合物に関する共同開発・商業化を実施する。詳細は続報する。