第5回日本ポリフェノール学会年次大会が2011年11月10日に東京大学弥生講堂・一条ホールで開催され、150人ほどが参加した。07年に発足したポリフェノール研究会がポリフェノール学会への名称を変更してから初めての年次大会。東京大学大学院農学生命科学研究科・応用生命化学専攻の佐藤隆一郎教授が会頭を務めた。一般演題では、ポリフェノール研究で成果を挙げている企業の発表が相次いだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)