食品や化粧品など向けの機能性成分として需要が拡大している発酵ヒアルロン酸の事業で、キッコーマンは好調な一方で、キユーピーは計画停電が悪影響を及ぼしたことが分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)