日本臨床検査薬協会(JACRI)、米国医療機器・IVD工業会(AMDD)および欧州ビジネス協会(EBC)は、2011月10月21日付けで、内閣官房医療イノベーション推進室、厚生労働省、独立行政法人医薬品医療機器総合機構に対し、体外診断用医薬品(IVD)業界3団体として「個別化医療を推進するためのコンパニオン診断薬(Companion Diagnostics: 以下CoDx)のインフラ整備に関する提案書」を共同で提出した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)