バイオベンチャーのIPO市況は厳しい。直近3社の初値はいずれも公開価格を下回った。市況の見通しが不透明であるため、投資家はハイリスクベンチャーを短期的視点で見る。つまり、進行中の決算期の業績しか投資判断のよりどころにせず、長期の先行投資後にテイクオフを迎えるバイオベンチャーを敬遠する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)