第15回トレハロースシンポジウムが2011年11月4日、東京ビッグサイトで開催され、280人ほどが参加した。最後に主催者あいさつを行った林原生物化学研究所の福田惠温社長は、これまで明らかになってきたトレハロースの生理機能を3つの柱でまとめ、「いずれも経口投与での作用が認められている。免疫やホルモン制御も含め、恐らく共通の作用点があるはず。共同研究を進めて根本の作用点を見いだしていきたい」と話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)