研究者1人当たりの国際水準ジャーナル掲載の論文数は、農林水産省系の研究開発型独立行政法人(研究独法)である農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)の食品総合研究所(食総研)が1.87と、日本の研究独法29法人でトップだったことを、食総研が広く知らしめる活動を強化している。2011年11月2日につくば国際会議場で開催した「研究成果展示会2011」で配布した要旨集の冒頭部分に、このデータが掲載された。1年前の研究成果展示会2010には800人が参加した。研究独法29法人における研究者1人当たりの論文数のトップ10は以下の通りだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)