米NPS Pharmaceuticals社は、2011年10月31日、短腸症候群の成人患者に「GATTEX」(teduglutide; 開発名ALX-0600)または偽薬を投与したSTEPS2試験の中間解析で得られた好結果が米消化器病学会(ACG)2011でポスター発表されたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)