農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)食品総合研究所(食総研)は2011年11月2日、研究成果展示会2011と第29回公開講演会をつくば国際会議場で開催し、10月28日に発行した「食糧―その科学と技術―第50号」を配布した。この第50号には、チェルノブイリ事故の論文など放射性物質と食品に関連した論文153編の和文要約が掲載されている。2011年3月の東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けて食総研が立ち上げた「放射性物質影響ワーキンググループ(WG)」が取りまとめたものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)