理化学研究所と富士通は、共同で開発中の京速コンピューター「京(けい)」が、毎秒1.051京回(1京510兆回)の浮動小数点演算数を達成したことを2011年11月2日に発表した。スーパーコンピューターの世界的な順位を示すTOP500リストの作成に用いられるベンチマークプログラムであるLINPACK性能で10.51ペタフロップスを達成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)