システム・インスツルメンツ(東京都八王子市、菅澤清孝代表取締役)は、生体試料から糖鎖を自動抽出する装置の受注販売を2011年11月1日から開始した。北海道大学大学院先端生命科学研究院新薬探索研究分野の西村紳一郎教授らと5年ほど前から共同開発を進めてきた。科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)の一環の成果だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)