厚生労働省は2011年10月28日、来年度からの次期治験活性化5カ年計画の策定に向け「第3回臨床研究・治験活性化に関する検討会」を開催した。この日は同省が地域別・疾患別に医療施設ネットワークを構築して症例集積性を高めるといった具体案を示し、議論を進めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)