米Solazyme Roquette Nutritionals社は2011年10月24日、藻類由来の食品成分を年300t生産できる施設をフランスLestremに建設中であると発表した。この設備はLestremにあるフランスRoquette Freres社の商業生産施設内に建設中で、微細藻類由来の食品成分である「Whole Algalin Flour」の生産を目指す。年産300tのフェーズI設備が予定どおり2011年末までに完成する見通しで、2012年初めには稼働予定。この生産設備はフェーズIIとして2012年に年産5000tまで拡張されることになっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)