第49回日本癌治療学会学術集会(西山正彦会長)が2011年10月27日、名古屋国際会議場で開催された。記者会見において、埼玉医科大学の乳腺腫瘍科大崎昭彦教授は同学術集会の概要について紹介した。本学術集会のテーマは「Visionの共有 目標への第一歩」。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)