横浜市立大学学術院医学群・才津浩智准教授・松本直通教授(遺伝学教室)らは、小脳萎縮と脳梁低形成を伴うび漫性大脳白質形成不全症 (Diffuse cerebral hypomyelination with cerebellar atrophy and hypoplasia of the corpus callosum;HCAHC)の原因遺伝子を発見した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)