大豆たんぱく質は血中の脂質プロフィールを改善する作用があることを、米Tulane University公衆衛生・熱帯医学部疫学科学科のJiang He学科長/教授らがEuropean Journal of Clinical Nutrition2011年9月28日号に発表した。この介入試験に用いられた大豆たんぱく質は米Solae社が提供した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)