2011年10月11日、インドのジェネリック大手のAurobindo Pharma社は、米Gilead Sciences社のエイズ治療薬であるemtricitabine、cobicistat、elvitegravirと、これらにtenofovirを加えた4つの混合薬「Quad」について、スイスに本部を置くパテントプール団体Medicines Patent Pool(MPP)からロイヤルティー無しの製造ライセンスを取得した。emtricitabineを除く3つの治療薬は、まだ開発段階の新しい薬だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)