Novartis社は2011年第3四半期決算報告で、NVA237(一般名:臭化グリコピロニウム)およびQVA149の2剤について、米国での開発が遅延する可能性があると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)