AHCC研究会が第19回統合医療機能性食品国際会議(ICNIM2011)を2011年10月15日から16日に札幌市で開催し、19カ国(日本を含む)から505人が参加した。AHCCは、アミノアップ化学が事業化している機能性食品素材で、活性化多糖類関連化合物(Active Hexose Correlated Compound)の頭文字。培養した担子菌から抽出する素材だ。ICNIM2011は、経済産業省北海道経済産業局とアミノアップ化学が後援した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)