米Imagen Biotech社は、2011年10月20日、シリーズA資金調達により4000万ドルを確保したと発表した。資金は、ドライ型加齢黄斑変性などの失明に至る危険性がある眼疾患に対する画期的な治療の開発に用いられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)