デンマークNovozymes社は2011年10月5日、コーヒー中のアクリルアミドレベルを下げる新しいソリューションを開発したと発表した。でんぷん質の食物を油で揚げたり焼いたりすると、高レベルのアクリルアミドを含むことをスウェーデンの研究者たちが02年に発見して以来、アクリルアミドは潜在的に健康上のリスクであると考えられてきている(関連記事1)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)