英GlaxoSmithKline社の熱帯熱マラリアワクチンRTS.S/AS01に関するフェーズIII試験の中間結果が、NEJM誌電子版に2011年10月18日に報告された。生後5カ月から17カ月の乳幼児の臨床的マラリアに対する有効率は50%を超えること、安全性と忍容性も容認できる範囲であることが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)